【神採りアルケミ―マイスターのレビュ―】ダンジョン探索と経営シミュレーション

神採りアルケミ―マイスターの感想

神採りアルケミ―マイスターのゲーム紹介

神採りアルケミ―マイスターはエウシュリーからリリースされたダンジョン探索シミュレーションRPG「マイスターシリーズ」の第2弾です!

今作では「経営シミュレーション」も兼ねており、ダンジョン探索だけでなく、収入を得る為に商品を選んで配置するなど店舗の経営面も考慮しなければいけないのが特徴です。

 

そしてメインヒロインが3人もいて、ゲームの進め方次第で途中からルートが分岐して1人のヒロインが確定されます。

 

神採りアルケミ―マイスターのストーリー

神採りアルケミ―マイスターの感想工房都市ユイドラに住むウィルフレド・ディオン(ウィル)は、事故で亡くした両親の工房を継ぐこととなり、物を作り出す職人である「工匠(こうしょう)」を目指して日々研究に没頭していた。

その後、工匠となったウィルは研究に必要な素材の採種に魔物のいる洞窟を探索する為、三人の女性を護衛として招き入れることとなる。

そして工房を運営する傍ら、ウィルは自らの知識や技術の発展のため各地に赴き素材の採取や多種族との親交を深めていくが、やがて国内の紛争や他国の戦争に巻き込まれていってしまう。

 

神採りアルケミ―マイスターのシステム

ウィルの工房があるユイドラの街を中心に物語が展開されます。

イベントが発生した場所には関連するキャラクターが表示されるのでとくに迷うことはありません。

 

神採りアルケミ―マイスターの感想工房では客から依頼されたアイテムなどをウィルが素材から合成して作成できます。

アイテム以外でも武器や装飾品なども合成することで装備できるのはもちろんですが、「販売」コマンドで商品をお店に並べて売ることもできます。

このゲームは「経営シミュレーション」の要素もあり、日ごとに工房運営に関係する資金が消費されます。
もし、資金が底をつくとゲームオーバーになるので常に念頭に置いておかなければなりません。

 

神採りアルケミ―マイスターの感想さらに工房では家具や置物などを配置することで店員や販売数、来店率などを増やして強化できます。

ウィルが工匠の最高峰を目指す為には強くなるだけでなく、工房を成長させて工匠としてのとしてランクを上げるのが必要不可欠です。

 

また稀に仲間との会話イベントが発生し、サブイベントなどを達成して交流を深めることでエッチシーンを見れる場合があります。

 

神採りアルケミ―マイスターの感想そしてユイドラの街から外に出ると素材を採取する為に探索する場所を選択できます。

ストーリーを進めて行けば湖や火山など様々な探索場所が出てきますが、潜んでいる魔物も強くなっていきます。

 

神採りアルケミ―マイスターの感想探索場所の指定することで「迷宮パート」へ移行し、ダンジョン探索と戦闘が開始されます。

ここでは基本的に前作の「姫狩りダンジョンマイスター」と同様のシステムとなり、ダンジョン内の構造は通路や小部屋など細かいエリアに分かれています。

各エリアに自軍だけしかいない場合はマップで青く塗られ通常移動が可能です。
敵のいる赤いエリアは踏み込むと1歩ずつしか進めなくなり、そのエリアの敵を全て倒すことで青く塗られます。

 

迷宮パートではこのように陣取りの要素があり、「占有率を100%にする」「敵軍を全滅させる」「指定場所に行く」などの勝利条件を満たすことでクリアとなります。

ただ、一度クリアしたダンジョンも後から特定の素材を探すために何度か訪れることはあります。(一部では一度しか入れない場所もあり)

 

神採りアルケミ―マイスターの感想そしてダンジョン内を徘徊する魔物などの敵軍が射程範囲内に近づくことで戦闘シーンに突入できます。

戦闘は自軍、敵軍あわせて最大5ターンまでとなり、双方の素早さ、選択された攻撃方法(通常攻撃、魔法、特殊攻撃など)により毎回実行できる順番や回数が異なります。

 

さらに武器や装飾品の属性、キャラクター固有の属性、選択した攻撃方法の属性によってダメージが変化します。

例えば火属性の敵に氷属性の武器で攻撃すれば通常より大きなダメージを与えることができますが、火属性の武器で攻撃してしまうとダメージを与えるどころか相手のHPを回復させてしまいます。

ただ魔法や一部の特殊攻撃は属性が決まっているものもあるので、なるべく幅広く対応できるメンバー編成を考えればスムーズに進められます。

 

このように神採りアルケミ―マイスターは
依頼されたアイテムを作成したり、商品として販売することで資金を稼ぎお店の経営を工面しながら、時にはイベントや必要な素材を採取しにダンジョンへと探索へ向かいます。

帰還後にはイベントを達成したり工房を強化することで工匠ランクを上げていくことになります。

ただダンジョンには様々な属性の魔物が徘徊しているので多くの仲間を強化していくことも並行して進めることが重要です。

 

神採りアルケミ―マイスターのレビュ―

【採点は10点満点、総評はトータル】

キャラクター

【9点】

神採りアルケミ―マイスターの感想

神採りアルケミ―マイスターのメインヒロインは3人います。(左からセラウィ、エミリッタ、ユエラ)

動きが素早く剣技に長けたユエラ、魔法攻撃を得意とするエミリッタ、弓による遠距離攻撃や回復魔法を浸かるセラウィというそれぞれ異なった性能と魅力がありバランスの取れたヒロイン達とともにゲームを進めて行きます。

ゲーム途中で選択肢や行動によって、ヒロイン3人のうちの1人のルートが確定し、それぞれのラスボスやエンディングが待ち構えているので最低でも3周は楽しめるのでボリュームは満足できると思います。

もちろんシミュレーションRPGなので、他にもユニットとして自軍に加わって暮れる多くの魅力あるキャラクターが登場します。

 

神採りアルケミ―マイスターの感想

なおゲームが進めばメインヒロインの3人には「衣装」を作ることができます。

 

神採りアルケミ―マイスターの感想衣装には「火属性」や「暗黒属性」などの属性が備わっており、それぞれ「衣装強化」コマンドで素材や資金を消費することで攻撃力をアップしたり特殊スキルを身に着けることができます。

本編の合間でできるこうしたやりこみ要素も楽しめます。

エロCG

【9点】

神採りアルケミ―マイスターの感想

ヒロイン3人分のルートがあるということは、確定されたヒロインのCGは必然的に多くなります。
順番はとくに関係ないのでお気に入りのヒロインのルートから進めることをおススメします。

確定したヒロインとは何度もエッチすることになりますが、それ以外でも日常シーンでのちょっとしたイベントでエロCGが見れるのは評価できるところです。

さらに特定の衣装を装備してる時にしか発生しないイベントやCGもあります!

 

またヒロイン以外でも味方となるキャラクターにもほどんどエロシーンが用意されているだけでなく、条件を満たせば温泉イベントも見ることができます。

温泉イベントの組み合わせによるCGは数種類あるので、該当するキャラを集めて発見するのも楽しみです!

システム

【8点】

神採りアルケミ―マイスターはもちろんですが、マイスターシリーズのシステムは全体的に初心者には複雑に感じるところがあると思いますが、慣れてくるととメチャクチャ面白いです!

 

それなら本来は迷わず10点にしたいところですが、このシリーズに共通して厄介に感じるのは敵の属性にあわせて武器を変更したり、侵入できない地形に対して有効となる装飾品を装備し直すなどの作業が若干面倒に感じるところです。

私の経験から言うならば、装備の入れ替えを作業を減らすために敵や地形に合わせて選抜するメンバーを決めておくといくらか円滑にゲームが進められます。

 

神採りアルケミ―マイスターの感想

しかし「神採りアルケミ―マイスター」だけに関しては…工房経営も面倒くさいというのがあります。

ある意味このゲームのメインシステムではあるのですが、序盤はとにかく資金が不足しがちなので軌道に乗るまでが大変に感じました。
経営面を無視していると日が経過するごとにどんどんお金がなくなってしまいます。

毎日やる必要はないですが、何回かに一度くらいは集中して合成してまとめて商品をお店に並べる時間が必要になります。

中盤くらいになるとわりと高めに売れる商品とかも簡単に作れるようになるのでお金に困ることもなくなり、むしろ序盤よりも全然楽にすら感じます。

まぁこの辺りも「慣れ」ですね…。

難易度のバランス

【7点】

普通に素材を集めて武器を合成したり衣装強化などをしていれば戦闘に関しては中盤くらいまでは問題なくできると思います。

ただ終盤に近付くにつれ、やはり敵の攻撃が激しくなるだけでなく、キャラや属性によってはまったく戦力にならないップも出てきます。

そこは面倒ですが、違う属性の武器に変更するか、相性のいい味方に交代するかの2択になります。

つまりこのゲームシステムは常に相性のいいキャラや属性で挑めば簡単に感じますが、相性が悪いとまるで逆の印象になります。

その為に装備の入れ替えを頻繁にやるかどうかプレイヤーの手間次第で難易度が変わるといえます。

 

音楽

【9点】

音楽面は個人的にマイスターシリーズで一番名曲が揃っていると思います。
とくにお気に入りはウィルの工房の曲。

色々作ったり考えたりすることの多い工房において軽快で楽しいリズムのBGMがリラックスさせてくれます。
ホント、中毒性の高い曲です。

総評

【42点】

このゲームはメインイベントの他にもサブイベント、素材の採取、工房の強化、商品の陳列、合成、衣装強化、スキルの選択、闘技場などなど…
とにかくやることがたくさんあります。

 

ストーリーもメインヒロイン3人個別のルートがあり、それぞれ専用のストーリーとラスボスまで存在しているので一回クリアしても別の2ルートを新たに楽しめます。

 

神採りアルケミ―マイスターの感想

さらに周回専用のEXイベントがあり、追加キャラだけでなく追加マップも膨大にあるので非常にやり込み要素の強いゲームとなっています。

 

一度クリアして「もういいや!」と投げ出すどころか「もっともっと遊びたい!」と思わせてくれるのはやはりユエラ、エミリッタ、セラウィの3人の魅力であり、完成度の高いゲームシステムが要因だと思います。

確かに装備の変更や工房運営が面倒とはいいましたが、むしろそういうところを試行錯誤して戦略を練るのも楽しいと感じられる方もいるかもしれません。

 

エウシュリーのゲームは元々がやりこみ要素、ゲーム性の強いゲームが多く周回プレイやアペンドディスクでの新イベントなどもありますが、私はおそらく神採りアルケミ―マイスターほど何度も何時間もやり込んだゲームはコンシューマ機のゲームも含めてないかもしれません。

 

シリーズ初心者の方には本当に慣れるまでは大変かもしれませんが、早い段階で面白さがわかり夢中にさせてくるゲームなのでおすすめできます!

 

神採りアルケミ―マイスターの感想

 

なお神採りアルケミーマイスターには「ハンナさんの巡礼旅行記 」というアペンドディスクもあり、インストールすることで専用のストーリーと新マップが追加されハンナさんが仲間に加わわりともに戦ってくれます。

※神採りアルケミ―マイスター本体のインストールが必要です

 

神採りアルケミ―マイスターの感想

 

関連記事

天結いキャッスルマイスターのゲーム紹介 天結いキャッスルマイスターはエウシュリーのダンジョン探索型シミュレーションRPG「マイスターシリーズ」の第3弾です。 基本的なシステム、ダンジョン探索や戦闘は全二作の「姫狩りダンジョンマイ[…]

天結いキャッスルマイスターの感想